Kool G Rap & D.J. Polo - Talk Like Sex (12'')

Kool G Rap & D.J. Polo - Talk Like Sex (12'')

販売価格: 900円(税込)

在庫わずか
数量:

【Media】Vinyl 12'' Single

 

【Year】1995

 

【Press】US

 

【Label】Cold Chillin'

 

【Condition】B (薄いスリキズ)

 

【Jacket】Company Sleeve with Sticker (底抜け箇所あり。)

 

 

US Original Press.

90' Super Hip Hop Classic !!

90年リリースの2nd Album「Wanted: Dead Or Alive」からのカット。

このシングルに関しては色々と説明が必要なワケで・・。

まず最初にこの曲のシングルには大きく分けて2種類の盤があります。

まず一つが白ラベルのUS Promo盤(仮に「白盤」とします)で、こちらが一般的にこの曲の「オリジナル盤」とされている物です。

90年の曲ですがリリースは95年。

プロモオンリーで激レア。相場は3万円程度でしょうか。

海外含めて年に1枚出るか出ないか・・ってくらいレアです。

次にこちらのピンクラベルの盤(仮に「ピンク盤」とします)。

こちらも95年のリリース。

その後この仕様で何度か再プレスされておりますが、作りが粗かったりステッカーが無かったり。

確かこの仕様のブート(見ればすぐわかるレベルのちゃっちい盤)もあったと思います。

一般的にこちらのピンク盤は総じて「再発」として扱われております。

Discogs上でもこのピンク盤はリプレスの扱いで表記されております。

さて、ここで一つの疑問が浮上するワケで。

「白盤もピンク盤も同じ95年のリリースなのに、なんでピンク盤は再発って事になっちゃうの?」

これっておかしくないですか?

収録内容に多少の違いはある(白盤には「Club Version」所謂Dirty=Album Versionの他に「Radio Version」所謂Cleanを収録、ピンク盤は「Album Version」の他にカップリングで「Fuck U Man」を収録)物の、白盤がプロモなら、ピンク盤は再発じゃなくて正規盤って事でいいんじゃない?

どう思います?

そんなワケで、私の見解としてはこのステッカー付きの95年リリースのピンク盤は再発なんかではなく、れっきとしたオリジナル正規盤だという事。

無論、その後再発としてリリースされたピンク盤は再発盤として扱われて然るべきですが。

方やプロモでレアってだけで特別なバージョンも特に収録されていないのに3万円、方やちゃんとした正規盤なのに何故か再発として扱われてしまい1000円程度・・。

特にマニアでなければ、この当時物ステッカー付きのピンク盤をGetするのが妥当かと思います。

あえてお名前は出しませんが、名前を聞けば「

あ〜っ!」となる様な超大御所レジェンドの方も、この盤に関し私と全く同じ見解でした。

皆さんはどう思います??

Discogsを悪者にするワケではありませんが、「Discogsの情報は全て正しい」ワケでは決してありません。

最終的な判断は是非、ご自身で。

 

 

(Side A)

01. Talk Like Sex

(試聴45秒) http://1st.geocities.jp/hybridrec2/talklikesexkool.mp3

(YouTube) https://youtu.be/CxOnC4C5gvg

(Side B)

01.F*@K U Man

他の写真

Kool G Rap & D.J. Polo - Talk Like Sex (12'')

販売価格: 900円(税込)

在庫わずか
数量: